ウチノニワン

庭の草花や多肉植物の紹介、たまには子育てのことなんかも…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多肉棚の横には…

前回UPの仕事部屋にある、多肉棚の横にあるのは…
20091212a.jpg

黒いプラコンテナ。
ミリわんさん、お察しの通り水草が入っております~。
とある方よりいただいた、自家製マツモです(^^)
この方には多肉植物をいただいたり…と非常にお世話になっています。
遠方のお友達というよりも心の師匠の一人です。(お友達だなんて恐れ多い^^;)
ありがとうございますー!!!

20Lのコンテナの中に小粒の赤玉土を4センチくらい敷き詰めてメダカを飼っています。
今は室内ですけど、春になったら外で飼育したいな~。
夢は睡蓮との同居デス(^^)Y

メダカは全部で3匹。
少しずつ特徴が違うので見分けられるんですよ♪

20091212b.jpg

お腹から尻尾にかけてトラ模様のある「トラオ」。
体が他の子より2周りくらい大きくて、少し気性が荒いです。

メダカは性別を見分けるのが簡単らしいんですが…横着して調べていません。
オスでもメスでも「トラオ」です。

20091212c.jpg

こちらは「チビ」。
一番ちびっこデス。
でもトラオに追いかけられても、時々仕返しを忘れないお茶目さん。
小さいのに元気いっぱい。

20091212d.jpg

一番のお気に入り「キラ」。
背中と尻尾の間にキラリと光る輝きがポツンとあります。
右脇腹のトコロにも一つ。

輝き、分かりづらいですね。というわけで拡大写真を。
20091212e.jpg

…え?全然分からない?
青白く光るポチっとした点がそうなんですけど…(^^;

気が弱くて、追いかけられたり、私が顔を覗かせるだけで水草の中に隠れてしまいます。
もう少しフレンドリーだったらいいのにな。

他の2匹は、私が顔を覗かせると「ご飯くれー」と近寄ってきます。
小さいけれどかわいいんです。


メダカ達と同居をはじめて2ヶ月が経ちました。

メダカを迎えるきっかけとなったのは、水草の「マツモ」をいただいたからなのですが、
これにも事情があります。

長くなりましたので、続きはまた今度(笑)
(引っ張り過ぎ~)

多肉と全く関係無いですが…(^^;

テーマ:☆水槽の中☆ - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/12(土) 11:03:28|
  2. 日記・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

魔の手から逃れて…

仕事部屋にある、多肉棚。

20091210c.jpg

高さ90センチのスチールラックです。
以前は子供達にいたづらされないよう、棚の前に段ボールやらその他諸々でバリケードを作っていました。

現在、次男2歳4ヶ月。
とうとう、鉢の土をいじったり、投げたり、食べたりしなくなりました(笑)
そしてバリケードが無くても大丈夫!

こうして室内側から多肉が眺められる幸せ…最高デス!!!

…ちなみに「水遣り攻撃」「霧吹き光線」からは未だに逃れられません(^^;
まあ、様子を見ながら一緒に植物の世話をするのは楽しいデス。
子供達が植物に興味を持ってもらえたら、もっと嬉しい(^^)

20091210f.jpg

スチール棚の隣には作業台があって、そこにも一部の多肉を置いています。
作業台とは言っても、単なる洗濯物置き場デス。
もう年中積み重なってマス(笑)

ホントは仕事の梱包用作業台だったんですが(爆)

20091210e.jpg

この時期は長い陽が入り込んだ棚がとてもきれいです。
一日中、首を90度回すだけで視界に入ってきます。嬉しい~!

同じスチール棚がもう一つリビングの窓辺にあるのですが(ハオ以外の棚)、日中にリビングに行く機会が
ないのでついつい見逃してしまうコトも。
冬はビローンとなった姿を見るのが辛いので、案外いいのカモ(^^;

これからあと半年くらいは24時間室内管理なので、同居生活が嬉しいデス。


1枚目の写真の左下にある黒い箱…この紹介は次回で(^^)

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/11(金) 15:32:38|
  2. 日記・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

玉コロ。

天気が良いと30度を超える十勝ですが、雨の日は思いっきり気温が下がって
20度以下になることが多いです。

寒くて、家族みんな風邪っ引き。

久々にハオ以外の写真を。

20090713b.jpg

雨粒をチョコンと乗せた姿がラブリー。
セダムのプロリフェラ。

冬にビヨーンと伸びまくったのでカット。
カットの先がモリモリっとかわいくなってくれました。
ほんのりピンクに染まっている姿も大好きです。

20090713c.jpg

葉の間に水滴を抱えたハンメリー。
少し青味を帯びた葉色がマットな雰囲気。

ハオ以外の子達もみんな素敵だわぁ…とこの時期は浮気心がメラメラと。
でも冬のビヨーン&ベレベレな姿のことを思うと、ちょっと躊躇しちゃいます(^^;
  1. 2009/07/13(月) 18:59:07|
  2. 日記・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

正統派・藪スタイルの庭

我が家は北海道の田舎の集落にありますが、農村市街地の住宅街にあります。
いわゆる山奥の一軒家という訳ではありません。

もっと山奥に住みたいな…という希望もありましたが、諸々の理由でココに住処を構える
ことにしました。

それでも周りは野山に囲まれている農村地域。
最寄りのコンビニまで13キロ。町の中心部まで15キロ。

静かでのどかな素敵な場所です。

20090708h.jpg

前置きが長くなりましたが…。

東側にヤマボウシの木があります。
その近くに丸太で出来た椅子をフォーカルポイントに。

この椅子、今は亡き「さとちゃん」がプレゼントしてくれた、カラマツの丸太です。
背もたれも「さとちゃん」が作ってくれました。

椅子の周りが藪ボーボーだったので、草むしり。
スッキリして椅子がハッキリと見えるように。
今までは椅子がすっぽりと雑草に覆われて全く見えてませんでした(爆)

写真を撮ってみると、な~んか、それっぽいオシャレな庭に見えなくもない。
(↑でも周辺以外は藪なので、荒れ地にしか見えないw)

*撮影日2009年7月7日。まだヤマボウシの花が咲いてます。花期が長いのも魅力です。


翌日。

20090709b.jpg

丸太の椅子が、こんな無惨な姿に変貌を遂げていました。
うぅ、思い出のさとちゃん椅子がぁああああーーー(涙)

犯人はエゾアカゲラ。
キツツキの仲間です。

ちなみに、1枚目の写真も既にエゾアカゲラにやられた後に撮ったモノです。
よく見ると、側面に無数の穴が(笑)

20090709c.jpg

椅子が見えるようになったことで、丸太についた虫を発見したようです。

草むしりをして綺麗にしたつもりが、こんな結果になろうとは。
何だか複雑な気持ち。

我が家は木の壁なので、時々エゾアカゲラがドラミングすることもあります。
壁といっても防水層は内側。木の壁は飾りみたいなモンなので大丈夫。
ドラミングのものすごい音がするとビックリしますが、なんだかちょっと嬉しかったりもして。


我が家には虫が多いです。
今朝も草むしりしていたらブユに唇を噛まれて、顔が腫れ上がってしまいました。

でも木があって、草花があって、虫がいて、鳥がいて、そして人間がいる。
だとしたら、藪状態のこの庭もいろいろな生物に必要なモノなのかな?
草むしりをさぼっている藪ボーボーの理由付けが出来たりして(笑)

ガーデニング雑誌等で「○○スタイルの庭」とかのタイトルを見かけることがあります。
だとしたら、我が家は「正統派・藪スタイルの庭」ってトコロでしょうか(爆)
  1. 2009/07/09(木) 18:18:44|
  2. 日記・つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大好きな人に捧ぐ。

20090518b.jpg

私達家族の、大好きな大好きな人が遠くに旅立ってしまいました。
たくさんの思い出を残して。
私達の親代わりであり、大切な友人であり、子供達の十勝のじーちゃんであり…。

こうして巡り逢えたことに何よりも感謝です。
ほんとに本当に、ありがとう。

20090518a.jpg

そして一緒に作った家に、今年はハルトが植えたチューリップが咲きました。
さとちゃんに、ぜひぜひ見て欲しかったな。

20090508a.jpg


さとちゃんが私達に残してくれたものは限りないけれど、たくさんの内のひとつであるこの家で、
ずっとずっとたくさんの思い出と共に暮らしていきます。

だから、さよならは言いません。
ずっとずっと今まで通り、我らのことを笑いながら見守っててね。

大好きな、だいすきなさとちゃんへ。


*ずっと更新が滞っていてスイマセン。
5月はいろいろとあって、かなり更新頻度が遅い不定期になりそうです。
見に来てくださってる方、本当にごめんなさい。

大変申し訳ないのですが、この記事のみコメント閉じさせてもらっています。
どうかご了承ください。
  1. 2009/05/17(日) 20:58:04|
  2. 日記・つぶやき
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。