ウチノニワン

庭の草花や多肉植物の紹介、たまには子育てのことなんかも…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実生経過

前回の実生報告から1ヶ月半くらい。
毎日毎日、大きくなったな~…と一人でにやにやしているのですが、
実際にはそんなに変わっていなかったりして。
でも私にはかわいいちびっ子達です。

どんどん大きくなあれ。

20090124a.jpg

トップバッターは、初登場のアナカンプセロス。
男爵さんからいただいた、ラゴプスの種です。
今まで小さすぎてカメラに納めることが出来ませんでしたが、ようやく1ショット撮れました!
サイズは直径2~3ミリでしょうか。
でもモシャモシャの毛が生えていて、とってもカワイイんです。

お次はこちら。
20090124b.jpg

今回の実生の中で、1、2を争う程の顔ハッキリ組。
「大久保氏白銀ピクタ×白銀ピクタ」

キラキラと輝くような白い肌がとってもキレイなんです。
まだちびっこいのに存在感あります。

20090124f.jpg

網目模様がハッキリしてきたのは…
「レティキュレータ v. レティキュレータ×レティキュレータ v. ヘイリンギー」
今まではツルンとしていた葉っぱですが、それらしい斑点模様が出てきて将来が楽しみにな
ってきました。所々チクチクとしたノギまで感じられます。

20090124g.jpg

ちょっと伸び気味なんですが…
渋くて格好イイ株になってくれる予感バッチリ。
私の中では期待大の「毛蟹×グリーンジェム」です。

前回も書きましたが、この子は他の芽よりも光量が多い方が良いみたいです。
バシバシ直射(室内)でいってます。

そして…
20090124i.jpg
大好きなシゾバシス・イントリカータ。
相変わらずのツルピカ、プクプクの玉ねぎちゃんがラブリ~です。

もうすぐ2月。
だんだんと日射しが強くなってきて、実生床にはどの程度の光量がいいのか日に日に試行
錯誤する毎日です。

でもまた、それが楽しかったりします。
実生…やめられませ~ん!

メモ---------------------------------------
APピクタ×黒ピクタ…5 (12月7日より±0)
黒ピクタ×青木黒ピクタ…17 (12月7日より±0)
モザイクピクタ×黒ピクタ…8 (12月7日より±0)
レティキュレータ v. レティキュレータ×レティキュレータ v. ヘイリンギー…9 (12月7日より±0)
(実)大久保氏白銀ピクタ×白銀ピクタ …12(12月7日より±0)
コレクタ×大型コンプトニアナ …10 (12月7日より±0)
毛蟹×グリーンジェム …8 (12月7日より±0)
ダルマ葉コンプトニア…4 (12月7日より±0)
山中コンプトニア…3 (12月7日より±0)
シゾバシス・イントリカータ…8 (12月7日より-1)
  1. 2009/01/28(水) 08:00:00|
  2. 種蒔き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

いつの間に。

20090122b.jpg

前回のUPからだいぶ経ってしまいました。
毎日見ているとそんなに大きくなった感がないのですが(いつものコト?)…
Delosperma sutherlandii purple fl。

前回2008年12月上旬の写真

20081207a.jpg

ありゃ?そんなに変わってない???

でも1枚目の写真は植え替えた後なので、2枚目の写真に比べると芽の数は半分になりました。
現在、Delosperma sutherlandii purple fl は3つに分けて育てています。

20090122a.jpg

この鉢は以前にご予約いただいたお友達用なので気合い入ってます。
間延びしないように頑張ってるんですが…どうでしょう?
この鉢もそろそろ大きくした方が良さそうですね。

いつになったら送れるようになるのかな?今年の春かな?
もうしばらくお待ち下さいね~♪


他のメセンの写真も撮ってみました。

20090122c.jpg

Gibbaeum heathii(銀光玉)。
相変わらずクッキリと真ん中に線が入っているトコロがラブリーです。
大きさは殆ど12月頃から変わっていないみたい。

20090122d.jpg

そしてオフタルモフィルム ラツム。
相変わらず中がキラキラ輝いているのが綺麗なのですが、ほんっとに小さいです。

今までは真ん丸だったのですが、真ん中からミヨーーンと出てきた顔はカエル顔。
かわいい~♪

-------

今は厳冬期真っ盛りの十勝ですが、日射しだけは少しずつ強くなっているみたいです。
ハオルチアの中にはうっすらと日焼けする子が出てきました。
昨日はお昼でも庭の樹氷がキラキラと輝いていたのに、日射しだけは春めいてきたよう
です。

長い冬ですが、春が楽しみな今日この頃。
  1. 2009/01/23(金) 08:00:00|
  2. 種蒔き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

メセン実生報告

以前、晴嵐さんからいただいたメセンの種がすっかり大きくなってきました。
晴嵐さ~ん、見てますか~?

20081207a.jpg
こちらはDelosperma sutherlandii purple fl。
以前は双葉の間からチョコンと芽が出ていてウサギちゃんみたいだったのに、こんなにモサモサ
になりました。

葉っぱはツヤツヤ。
細かい点の様なものが見えて、光の向きによってキラキラ輝きます。
これってメセンならではなのかな~?

20081207b.jpg
こちらも同じ「Delosperma sutherlandii purple fl」です。
最初は上記の写真の床に蒔いてあったのですが、混み合ってきたので株分けした分です。
株分けはウサギちゃんだった時にやりました。
それからもグングン大きくなってま~す。

ちなみに小さい鉢に5株植わってますが、既にご予約分です~。
これだけはビシッとあんまり伸びすぎないように目を光らせてます(笑)

20081207c.jpg
そしてこちらも同じく株分け分で別の鉢。
ちょっと間延び感漂ってるような…?

でも下の方から新芽がグングン上がってるんですよぉ~。
間延びじゃなくて、新芽付きってコトで(笑)。


20081207d.jpg
こちらは、カルキュルス(翡翠玉)。
先月の山形旅行から帰ってきたら、脱ぎ捨てたようなものが横にビローンと落ちてました。
…脱皮?
初めてなのでよく分からないのですが、こうして脱皮を繰り返して大きくなっていくんでしょうか。
季節とか関係なしに?うーーん。よく分かりません~。
でも脱ぎ捨てた後はグンと大きくなりました。

20081207e.jpg
こちらはGibbaeum heathii(銀光玉)。
葉の中央からお尻みたいな物体がにょ~んと…。
下葉はキラキラと宝石みたいに輝いていてキレイです。上のお尻みたいなところはマットな
質感です。


20081207f.jpg
上の写真は、オフタルモフィルム ラツム。
葉の中がゼリーみたいにキラキラ輝いていてキレイなのですが…写真ではうまく伝わらない
かも。

みんなとってもカワイイです。
いただいた種を全て発芽させることが出来なくて、悪戦苦闘してますが、大きくなってくれると
いいな~。
晴嵐さん、本当にありがとうございます♪
これからも大切に育てますね!!!
  1. 2008/12/08(月) 08:00:00|
  2. 種蒔き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハオルチア実生経過

前回の10月21日から一ヶ月以上経ってしまいました。
その間、スクスク(?)と実生苗が育っています。
今日はハオルチア編、明日はメセン編でお届けしま~す。

20081206a.jpg
まずはトップバッター。
一番表情が出てきたかな…?と思う実生床「大久保氏白銀ピクタ×白銀ピクタ」。

日当たりの関係なのでしょうか、それとも一粒一粒の種自体の力が違うんでしょうか、蒔いた日
も一緒なのに大きさが全然違います。
顔が違うのはもちろんなのですが…顔を毎日様子を眺めるのが楽しい床です。


20081206c.jpg
次は「モザイクピクタ×黒ピクタ」。
こちらも顔がハッキリしてきました。プツプツとした模様がカワイイです。

11月も終わりになった頃。日が弱くなってきたので日よけの不織布を外したら所々焦がして
しまいました。もっと陽を当てた方がいいのかなあ…なんて欲張ってしまいました。ゴメンね。
もう少し大きくなるまでのんびり構えます~。


20081206d.jpg
そしてこちらは、「レティキュレータ v. レティキュレータ×レティキュレータ v. ヘイリンギー」。
前回はあんまり個性を感じられなかったのですが、少しポチポチと模様が出始めました。
所々網目の様なうす~いチェック模様も。
なんだかワクワクしてくる床です。


20081206e.jpg
写真最後は「毛蟹×グリーンジェム」。
ちょっと分かりづらいのですが手前の芽に毛蟹を彷彿されるような毛羽立ちが。
そしてこの床は不織布1枚かけると伸びやすい感じがします。
不織布を外して1週間以上経ちますが、焦げることもなく調子が良さそうなので、きっと光が
好きなんだろうなあ~と思います。
コレはこのまま窓辺の直射でいきますっ!

写真がなんとか撮れたのは上記です~。残りもみな、それぞれ元気です。
このままドンドン大きくなるといいなあ~。

メモ---------------------------------------
APピクタ×黒ピクタ…5 (10月21日より±0)
黒ピクタ×青木黒ピクタ…17 (10月21日より±0)
モザイクピクタ×黒ピクタ…8 (10月21日より±0))
レティキュレータ v. レティキュレータ×レティキュレータ v. ヘイリンギー…9 (10月21日より±0)
(実)大久保氏白銀ピクタ×白銀ピクタ …12(10月21日より+0)
コレクタ×大型コンプトニアナ …10 (10月21日より+0)
毛蟹×グリーンジェム …8 (10月21日より+0)
ダルマ葉コンプトニア…4 (10月21日より±0)
山中コンプトニア…3 (10月21日より±0)
シゾバシス・イントリカータ…9 (10月21日より-1)

*シゾバシスは先日、夫にひっくり返されて1つ行方不明になりました(号泣)
実はダークホース的存在だったりします…(ToT)
  1. 2008/12/07(日) 08:00:00|
  2. 種蒔き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

実生経過

ちょっと日付があいてしまいました。
前回の実生報告から1ヶ月と20日。

だんだんと顔が分かるようになってきた…そんな今日この頃です。

20081017a.jpg
一番写真が撮りやすいシゾバシス・イントリカータ。
全ての玉ねぎからシュルンと2本の葉が出ています。
陽にあたるとツルツル、ピカピカ~な玉ねぎがとってもカワイイです♪


20081017b.jpg
こちらはモザイクピクタ×黒ピクタ。
ハッキリとピクタらしい模様が出てきました。
葉もプックリしていて覗き込むのが嬉しくなってしまう実生苗です。

20081017c.jpg
モザイクピクタ×黒ピクタの全体像がコチラ。
同じ種でも陽の当たり具合なのか少しずつ感じが違います。
こういう差を眺めるのも実生ならではの楽しさなのかも。


20081017d.jpg
こちらは黒ピクタ×青木黒ピクタ。
右側の芽にも少し模様が分かるようになってきました。
今のところ同じ床で模様がハッキリしているのはこの子だけかも。

20081017e_20081020103516.jpg
黒ピクタ×青木黒ピクタの全体像がコチラ。
少し焼けているのもあります…ちょっと陽が強いかな?
でも溶けそうもない感じなのでこのままの環境で様子を見ようと思っています。
直射の当たる窓辺で白の不織布を1枚かけた状態で管理しています。


20081017f.jpg
そしてこちらは、レティキュレータ v. レティキュレータ×レティキュレータ v. ヘイリンギー。
葉の外側にほんのりと黒い線が入っているように見えるのが、なんとなくピクタとは違う感じ
でしょうか。でもまだまだ小さいのでこれからですよね。

20081017g.jpg
レティキュレータ v. レティキュレータ×レティキュレータ v. ヘイリンギーの全体像。
どの床にも緑の苔の様なものが生えてます。
カビではなさそうですし、匂いもしないし、芽も元気なのであんまり気にしていません。
ウチだけの問題なのかな~?
それともみんなこんな感じなんでしょうか?

写真がなんとか撮れた分のみのUPです。
でも他の実生苗も元気にスクスク育ってくれています。
これからが楽しみです♪

メモ---------------------------------------
APピクタ×黒ピクタ…5 (8月29日より±0)
黒ピクタ×青木黒ピクタ…17 (8月29日より±0)
モザイクピクタ×黒ピクタ…8 (8月29日より±0))
レティキュレータ v. レティキュレータ×レティキュレータ v. ヘイリンギー…9 (8月29日より±0)
(実)大久保氏白銀ピクタ×白銀ピクタ …12(8月29日より+1)
コレクタ×大型コンプトニアナ …10 (8月29日より+1)
毛蟹×グリーンジェム …8 (8月29日より+1)
ダルマ葉コンプトニア…4 (8月29日より±0)
山中コンプトニア…3 (8月29日より±0)
シゾバシス・イントリカータ…10 (8月29日より±0)
  1. 2008/10/21(火) 08:00:00|
  2. 種蒔き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。