ウチノニワン

庭の草花や多肉植物の紹介、たまには子育てのことなんかも…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頭上の花

20080513h.jpg


近所のキャンプ場。
足元は昨日紹介したように白い絨毯。
そして頭上。

エゾノウワズミザクラが見事に垂れ下がる。
いつもはもっと早いので、花の一粒一粒がコロコロしていて、藤の花みたいなのだが
ことしは暖かいので花が開いている。
こんな姿もかわいいなー。

20080513g.jpg


木の高さは10メートルくらい…かな。
毎年毎年大きくなっている感じ。

5月になると足元だけでなく、上からも白い花に包まれるこの場所が大好き。
  1. 2008/05/14(水) 08:00:00|
  2. 花のある風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真っ白な季節

20080513c.jpg

毎年5月中旬くらいになると、近所に一面真っ白に染まる場所があります。
こーんなにキレイなのに誰もいない。駐車場もあって、夏場は賑わうのに…。

20080513b.jpg

木々を縫うように流れる小さな小川もまた素敵な風景。

辺り一面、雪が積もったよう。
ずっとずっと、視界の届かない奥の方まで真っ白。
どこまでもどこまでも続く、白い絨毯。

20080513.jpg


白い花の正体はニリンソウ。
ニリンソウは小さな花が風に揺れる姿がとてもかわいらしい。

20080513e.jpg

そしてオオバナノエンレイソウ。
エンレイソウは花を付けるまで7~8年かかるそう。
多分ずっとずっと前から、人知れずここで花を開いている。
20080513d.jpg


「雪みたい~」
大喜びの長男も白い花の海の中へ。
ここは夏場キャンプ場になるので、そのうち全部刈られてしまいます。

人知れず咲き、そして刈られてしまう。毎年、毎年…繰り返し。
なんとなく寂しいけれど、こうして刈られることにより、笹も生えずに毎年同じように花を
咲かせてくれるのかも。

20080513f.jpg


次男も花に囲まれて嬉しそう。
また来年、同じような景色が見られるといいね。
  1. 2008/05/13(火) 08:00:00|
  2. 花のある風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅路の果て

昨日午後、長い旅行から帰ってきました。
往復の無料航空券、4人で1泊2,000円の宿…と格安グアム旅行でしたが家族みんなでのんびりと
時に途方に暮れたくなるほどギャーギャーと過ごしてきました。

20080510a.jpg
ここはグアム北部にあるリテディアンポイント。
レンタカーが無いと来られませんが、静かで誰もいない海。

20080510l.jpg

ジャングルのような鬱蒼としたトコロを抜ければ、飛び込んで来るのは青い空と海、輝く砂浜。 

花の季節なのか、あちこちで色とりどりの花を見かけました。
驚いたのはブーゲンビリアのガク色。
白や紫がかったピンクは知っていたのだけれど、遠目ではツルバラかと思うような赤味の強い
色にハッとする瞬間。
20080510c.jpg

写真は撮れなかったのだけれど、南国ガーデニングをあちこちで見ることが出来てうっとり。
車窓から見えるお家は「うわぁ」と声を上げたくなるくらいキレイ。新旧問わず、それぞれ工夫
して植栽を楽しんでいる様子。
強者ベランダガーデナーもたくさんいて、思わず「おぉ~」の声。
国を問わず、植物好きの方はたくさんいるのだなあ…そんなしみじみとした気持ちも幸せ。

20080510r.jpg

そして驚きのポトス。
ポトスははい上がると大きくなる性質があるらしく、椰子の木からぶら下がる葉は大人の顔以
上の大きさで切れ込み入り。茎も指以上に太い。

20080510n.jpg

お約束のハイビスカス。
赤やピンク、黄色、オレンジ…色とりどり。

20080510p.jpg

キョウチクトウ科のプルメリア。香水の原料として使われることもあるらしく、ほのかにいい香り。
キョウチクトウより葉が大きく、花も大きい。
本当は樹木一面に咲く姿を納めたかったのだけれど背が高いので断念。
本州で良く見かけるキョウチクトウも花盛りでした。

20080510q.jpg

公園のあちこちで見られる頭上を覆うホウオウボクの木。真っ赤に燃えるように見えることから
「Flame Tree」なんて呼ばれるコトも。

20080510o.jpg

コチラは真っ赤なホウが綺麗なレッドジンジャー。色づいた部分は指先から肘くらいの長さ。
現地の人曰く、根は食用に不適とか。
切り花として使うことが多く、淡いピンク色のタイプもキレイ。

20080510m.jpg

定番の椰子の木。

20080510k.jpg

椰子の実ジュースも飲んでみました。オレンジ色に熟した実の方が甘いんだとか。
ポカリスエットを薄くしたような味。

20080510d.jpg

そしてまだ未熟なので味は分からないのですが、8ヶ月児の顔より大きい(大人の顔よりも大きい)
ジャックフルーツ。
次男が瞬きの途中で変な顔。実際こーんな顔したくなるほど暑かった…脳みそ溶けそう。

まだまだたくさんの花や植物があったのですが、なかなか写真に納められず…残念。
花盛りのグアムを満喫してきました♪

怪獣2歳児がいるので、食事の殆どは部屋でスーパーの弁当(笑)。
海は波打ち際でチャプチャプ。浮き輪でプールをプカプカ。

何をするわけでもない旅行でしたが、異国の風を感じられて、異なる植生の花々に囲まれる日々。

20080510j.jpg

時には地元の人で賑わうビーチで砂団子を作ったり。

家族の笑顔に癒され、日頃頑張っている夫が喜んでくれて何よりも嬉しい。
家族に感謝、感謝の旅でした。また行けるように頑張るゾ。

北海道へ帰ってきたら、外の気温は4度。
日中雨に雪が混じり、冷たい空気で現実に戻りました。

心配していた多肉ちゃん達も元気。
ホッと一安心の土曜日です。
  1. 2008/05/10(土) 11:04:35|
  2. 花のある風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春来る

ここ数日、北海道は暖かい。
本日の予報最高気温22度、最低気温0度。
一日の寒暖差22度。うーん…凄すぎ。

日曜日、富良野方面へドライブ
その道すがら見つけたお花畑。
ezoen1.jpg

国道横の林の下。
目の前をびゅんびゅん車が通って行くのに誰一人として止まらない。
手前にトイレ併設の駐車場があるのに…。
(トイレとお花畑は無関係。たまたまトイレの近くに群生している感じ)

ちなみに北海道の郊外は車の流れるスピードが高速道路並み。
時には80km/hで走っていても抜かれることも。
ちなみに一般道路デス(^^;
ezoen2.jpg

カタクリの花と群生していることも多い、エゾエンゴサクの花。
アップはこんな感じ。
この時期、北海道のあちこちで見られる野の花。
花を失敬して吸ってみるとほのかに甘い蜜の味。
ezoen3.jpg

長男も春を満喫中。
やっぱり、花の咲く季節はいいよねー。ちなみに触っているのはトウが立った蕗の花。
ezoen4.jpg

黄色い花が大群落していたので、たんぽぽかと思って近づいたら、見知らぬ花。
どなたか名前を知っていたら教えて下さい~。
草姿から見ると球根植物だろうか?

近所ではコブシの花がほころび始めました。
桜はまだ先ですが、今年の春は2週間ほど早いらしくて、この時期ではあり得ない程ポカポカ。
そんな北海道の春。
  1. 2008/04/22(火) 11:44:22|
  2. 花のある風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。